製造業

宮川工機株式会社

画像クリックで写真拡大

プレカットの MIYAGAWA
業界トップメーカーとして進化し続ける

 1967年、今や木造住宅建築ではおなじみのプレカット加工の機械化に国内で初めて成功。「プレカット」の名付け親であり、生みの親である。それまで柱や梁を組み立てるには、「ほぞ」「あり掛け」「かま継ぎ」など、大工の熟練手作業に頼ってきたが、同社の開発による作業スピードの向上と、加工精度向上にともなう建物強度アップは、木造住宅業界にひとつの革命を起こしたと言える。今日のプレカット加工の主流となっている「CAD/CAMプレカットシステム」を作り上げたのも同社である。

 業界では唯一の総合メーカーとして、設計・開発・製造・販売・メンテナンスまで一貫して行っているのも強み。木造住宅加工設備の納入実績日本一(2016年4月東京商工リサーチ調べ)を誇っており、数々の特許取得や、「愛知ブランド企業」、ウッドエコテック展「技術優秀賞」といった多くの受賞歴は、豊かな住まいづくりに尽力する同社のたゆまぬ努力のあかしだ。

 常に現状に満足することなく、創業75年の豊富な経験とノウハウを生かしながら、高性能・高品質、省エネで安全なニューマシンの追求と、ソフトウェアの開発に余念がない。近年では非住宅物件である大型木造建築用の木材加工機、窯業系の外壁材の加工機など、新たな市場開拓、新素材の加工機開発にも取り組む。

 今後も、顧客の信頼と満足を得る品質と、確かなサービスに努めながら、「100年企業」をめざしていく。

フォトギャラリー (画像クリックで写真拡大)

プレカットマシンは、さまざまな加工に対応し、精度とスピードを両立。現在の木造住宅建築において大変重要な役割を果たしている。

プレカットマシンで加工するためのデータは、このプレカットCADという特殊なCADソフトで自動生成される。住宅の構造計算をし、強度の確認をすることも可能。

プレカットマシンの開発実績と技術が認められ、数々の賞を受賞している。

2017年から、地域の子どもたちがスポーツを通じて健全に成長していくことを願い、独自の選考基準を設け、該当する学校へ支援をしている。(写真は豊橋市教育長へ宮川嘉隆社長...

関連ニュース

求人情報

会社概要

社名 宮川工機株式会社
業種 製造業
住所 〒441-8019 愛知県豊橋市花田町字中ノ坪53
地図 GoogleMap
TEL 0532-31-1251
FAX 0532-34-1956
交通機関 豊橋駅より徒歩15分
代表者 代表取締役社長 宮川嘉隆
設立 1947(昭和22)年5月8日
資本金 8,800万円
事業内容 プレカット専用機械、木材加工機械の製造販売
事業所 本社(豊橋市花田町)
東京営業所
従業員数 100人(2017年7月現在) ※グループ全体179人
平均年齢 41歳 2017年3月現在
売上高 74億円 2016年9月期
グループ会社 丸宮鉄工(株)、(株)宮川丸嘉製作所、(株)エムジーエス、宮川情報テクノ(株)、(株)宮川工機東京営業所
URL http://www.miyagawakoki.co.jp
その他 <おもな取引先>
全国木工機械取扱商社、全国プレカット工場、ハウスメーカー〔積水ハウス(株)、タマホーム(株)など〕

沿革

1942(昭和17)年10月 創業
1956(昭和31)年06月 宮川工機(株)に改称
1971(昭和46)年10月 資本金8,800万円に増資
2003(平成15)年06月 ISO9001:2000認証取得
2004(平成16)年02月 愛知ブランド企業認定
2009(平成21)年03月 第34回発明大賞「発明功労賞」受賞
2012(平成24)年10月 創業70周年
2013(平成25)年11月 日本木工機械展「技術優秀賞」受賞
平成27年11月 日本木工機械展「技術優秀賞」受賞

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.