卸売・小売業

エコーテック株式会社

画像クリックで写真拡大

超音波関連商品をカスタマイズする
市場創造型企業

 超音波応用機器の開発メーカー・本多電子のグループ会社。本多電子の新規販路開拓部門であり、新しい製品をつくり出す企画販売会社として1999(平成11)年に創業した。ネット販売やホビー市場向けの製品づくりを積極的に展開。常にユーザーの声を製品に反映させながら、本多電子の技術を武器に、自由な発想でさまざまなものづくりを応援している。

 現在の主力製品は、超音波美顔器、超音波霧化器、超音波カッター。なかでも超音波カッターは、ホビー用として2001年から販売をスタート。大手総合小売店の実演販売から地道に始め、模型(プラモデル)など徐々にホビー市場を開拓。ユーザーの声をもとに随時改良を重ね、豊富な替え刃も用意。現在では、自動車用、彫刻用、医療電顕用、カルトナージュ、押し絵などその用途はますます拡大中。ホビー用超音波カッターとしては国内シェア1位を誇っており、「USガジェット」は、同社が商標権を保有する超音波工具ブランドである。
 
 さらに超音波カッターを擬人化したキャラクター「キリカ」を皮切りに、2016年春には、架空の高校でものづくりと青春を楽しむ4人の女子高生キャラクター「豊橋工専高校・模型部」(通称もけ部)を誕生。同社の超音波カッター商品カタログ「USガジェット通信」や、サイトを通じた「もけ部」活動の中で、豊橋の紹介もからめながら、ものづくりの楽しさと、豊橋の魅力を全国に発信している。

フォトギャラリー (画像クリックで写真拡大)

創業のきっかけとなった超音波美顔器。現在は、OEM製品として販売。

時亜塩素水により除菌消臭ができると医療機関や公共施設の導入も多い超音波霧化器。

プラモデル市場向け超音波カッター「ZO-40」「ZO-41」。ホビー用超音波カッターのシェア国内1位を誇る。

超音波カッターの擬人化キャラクター「キリカ」。「ZO-40」をモデルに、ものづくりの輪を広げる。

関連ニュース

会社概要

社名 エコーテック株式会社
業種 卸売・小売業
住所 〒441-3193 愛知県豊橋市大岩町小山塚20番地
地図 GoogleMap
TEL 0532-65-5158
FAX 0532-65-5159
交通機関 東海道線二川駅より徒歩15分
代表者 代表取締役 岩﨑義弘
設立 1999年10月1日
資本金 1,000万円
事業内容 超音波洗浄機、レジャー用魚群探知機をはじめとする各種超音波応用機器、エレクトロニクス関連機器の企画販売
事業所 本社=愛知県豊橋市大岩町小山塚20番地
従業員数 4人
売上高 2億円(2015年9月期)
グループ会社 本多電子株式会社(親会社)
URL http://www.us-dolphin.co.jp/

沿革

1999年10月 本多電子から新市場創造部門として法人化(豊橋サイエンスコア内)
1999年12月 穂の国Eショップにてネットショップ開設
2001年 超音波霧化器「ぷちれすとUD-200」を発表
2001年 超音波カッターUSW-333一般市場ルート開拓に着手
2006年 ホビー用超音波カッターUSW-334発売
2009年 本多電子 社内に移動
2010年 土居先生モデル超音波カッター USW-334DO発売
2011年 自動車業界(LED加工)向け超音波カッター R31-GONTA発売
 〃 迷彩カラー 超音波カッターUSW-334発売
 〃 「全日本ホビーショー」出展開始
2012年 プラモデル市場向け超音波カッターZO-40発売
2013年 超音波カッター擬人化キャラクター「キリカ」プロジェクトスタート
 〃 「ワンダーフェスティバル」自社出展スタート
2014年 自動可変機能2モード搭載 超音波カッターZO-41発売
2015年 プラスチック成型現場向け プラスコムモデルZO-334Plas発売
2016年07月 「JAPAN EXPO」(フランス)出展

有料会員募集

【東日旗】第70回豊橋少年軟式野球選手権大会

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.