ウズラ鑑別一筋60年

2012/07/18

 独自のウズラ雌雄鑑別法を確立し、鑑別師として東三河の養鶉(ようじゅん)産業発展に貢献してきた豊川市御油町の大岩よし子さんは、満80歳(5月)を機に第一線を退いた。ウズラの鑑別は、60年近くになり、「夢中でやっているうちに月日は流れた」と話...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2012/07/18 のニュース

ウズラ産業の発展を支え続けてきた大岩さん

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.