デジタル時計の出来あがりに満足感

豊橋工業高校の生徒、デジタル時計本体ボディを製作

2012/08/29

 豊橋工業高校(吉田豊校長)機械科2年の3人は、豊橋市西七根町の高技工業(水梨豊三社長)で、デジタル時計本体ボディの製作を行っている。アルゴン溶接の習得が目的で、生徒らは高技工業の社員の指導を受けながら、ステンレスの本体ボディを溶接加工で仕...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2012/08/29 のニュース

ほぼ仕上がったデジタル時計本体ボディと豊橋工業高校の生徒(高技工業で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.