奥三河初のメガソーラー稼働

地域自立へ大きな期待。事業費10年で回収見込む

2013/08/09

 電気や空調などの設備施工事業を展開する中央設備エンジニアリング(名古屋市西区、松本吉晴社長)が、新城市杉山に建設した大規模太陽光発電所(メガソーラー)が8日、発電を開始した。同日、現地で竣工(しゅんこう)式があり、関係者ら約50人がテープ...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2013/08/09 のニュース

6200枚の太陽光発電パネルが設置された発電所

太陽光発電パネルの前でテープカットする松本社長(左から4人目)ら

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.