150年ぶり砥鹿神社に

後奈良天皇 国家の平安祈念/書写した般若心経 複製完成/香取宮司「歴史的意義を検証・伝承していく」

2014/06/02

 第105代後奈良天皇在位(1526~57)が1540年に豊川市一宮町の砥鹿神社(香取武宮司)に献納し、明治維新後に何らかの原因で遺失、現在は西尾市岩瀬文庫に所蔵されている国指定重要文化財(1957年指定)「後奈良天皇宸翰(しんかん)般若心...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2014/06/02 のニュース

忠実に複製された後奈良天皇宸翰(しんかん)般若心経

同般若心経を見つめる香取宮司

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.