東三河データファイル 

ひとつ上の宅配天然水

「わが社の新着ニュース」サーラの水/サーラコーポレーション

2014/06/25

 東海日日新聞社運営の「東三河データファイル」に参画するサーラグループのサーラコーポレーション(神野吾郎社長)は、4月30日に連結子会社、サーラの水(三井康彦社長)を設立した。本面では同社設立や同社が提供する「サーラの水」の特徴などを紹介する。

新会社設立/「サーラの水」として展開

 サーラの水は、ガステックサービスが展開していた宅配水事業を引き継ぎながら、さらにサービスや品質の向上・改善をすることで、2016年までに顧客3万件を目指す。

 同社設立によって大きく変わった点は、都市ガス・プロパンガスの対面営業販売をしている営業担当者が、宅配天然水も営業窓口になること。サーバー設置はもちろん、故障時の連絡対応、急な配送にも応じる。ユーザーからしてみれば、ガスのことも宅配水のことも同じ営業担当者に言えばすむので、利便性が上がり、サービス向上につながったと言えるだろう。

 天然水のブランドはこれまで同様「富士の湧水(ゆうすい)」。富士山が育んだ天然水で、長い歳月をかけて自然ろ過された天然水を、地下200メートル以上からくみ上げており、天然ミネラル成分がたっぷり。貴重なミネラルとして注目のバナジウムも含む。

 100%天然水を、富士箱根伊豆国立公園内にある最新設備が整う工場で、厳しい品質管理のもとに製品化。ミネラルウオーターの中でも価格的に安価で人工的にミネラルなどを加えたRO水とは、味わい、品質、安全性ともに一線を画す。人口添加物を一切加えない新鮮な天然水を長年愛飲するファンも多い。「お茶を入れるのに温水は便利。水は毎日飲んでいる」と愛飲歴2年の大桑素子さん(=右写真、豊橋市大清水町)。

 容器は12リットル入り「Dパック」。使いきりタイプで給水時に空気を含まないため、鮮度を保持したまま味わえる。積み重ねてもコンパクトなので、災害時の備蓄用としても便利だ。ウオーターサーバーは、温水・冷水がボタン一押しで出る。定期的に自動で高温水を循環するので、メンテナンス不要というのも魅力。

 

会社設立記念キャンペーン中

 現在、2つのキャンペーンを実施中。9月30日までの期間中に「富士の湧水」を契約した人の中から抽選で計100人に、パナソニック「ファイバーミキサー」や、炭酸水を作ることができるイデアインターナショナル「ソーダスパークル」、ホテルアークリッシュ豊橋の宿泊や食事に使える「3000円分ギフトチケット」が当たる。さらに契約先着1000人にはガス機器及びリフォーム成約時に使用できる「3000円割引券」も。 

 サーバー1年間無料キャンペーンも実施中で、同期間中に契約すると、サーバーレンタル1年間分(7776円税込相当)とDパック3本(4935円同相当)が無料になる。

 1週間無料で試せるので天然水のある快適な暮らしを気軽に体験できる。詳しくはサーラの水=フリーダイヤル0120(37)8726へ。

 同社は今後も同グループが掲げる「美しく快適な人間空間づくり」のもと、グループ力を生かして、ひとつ上の宅配天然水を届けていく。
 

関連リンク

2014/06/25 のニュース

天然水のある暮らしを提案

品質管理を徹底した工場

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.