エスニック風おでん登場

ヤマサちくわ 8月末まで販売/夏でも楽しめる食べ方紹介

2014/06/30

 旨辛いアジアンテイストに仕上げた「四季のおでん夏エスニックおでんセット」が、ヤマサちくわ(豊橋市下地町、佐藤元英社長)から発売された。8月末までの土曜・日曜日に限り、主要直営8店舗で販売する。

 練り製品の味を生かすため、唐辛子の辛味をマイルドにアレンジした特製のエスニックスープで味わう。具材の特製ちくわをはじめ、いわし玉、ねりチヂミいか、夏やさい満点に、好みで玉ねぎやえび、あさりなどを入れて煮込み、仕上げにライムを乗せる。最後の締めには、ベトナムの平打ち米粉麺(ライススティック=フォー)を入れて食べる。

 同社は、2012年に春をイメージした「桜おでん」を発売、四季を通じたおでんの楽しみ方を提案している。「夏場でも、ひと手間かけるおいしい食べ方を紹介したい」とし、特に若い顧客層を広げたいとしている。

 価格は2人前で1620円(税込み)。

2014/06/30 のニュース

夏限定で発売された「四季のおでん夏エスニックおでんセット」

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.