大玉トマト50トン採り達成

IGH実証研究/「70トンまでいける」今後の成果に期待

2014/12/11

 第三セクターのサイエンス・クリエイト(吉川一弘社長)などが取り組んでいる、太陽光利用型植物工場「イノベーティブグリーンハウス」(IGH)の実証研究で、大玉国産トマト(りんか409)の50トン採り(10トン当たりの年間収量)を達成した。10...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2014/12/11 のニュース

IGH内でトマトを収穫する佐原市長㊧ら

有料会員募集

東三河インターシップフェア2017

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.