未来を選択―「みんなの選挙」

きょうサイトオープン

2015/04/19

 統一地方選挙の後半が始まった。人口減少の時代、無策安穏とすごせば間違いなく地域は埋没する。地方創生が叫ばれるが、相応の努力あっての結果であり、一律にすべてが救済されるものではない。まだ余力がある今だからこそ、先を見据えたかじ取りが出来るし、求められる。

 政治でなければ、仕組みを変える事は出来ないが、その候補を選ぶ選挙はといえば、投票率は下がり続けている。聞けば、「誰がやっても同じ」、「応援したい候補がいない」などの声が聞こえる。

 それは、鏡に映った自分の姿に文句を言っているのにほかならない。「民度以上の政治は生まれない」のだから。自らの姿がダメであるなら、自らの行動を変えるほかには改善の方法は無い。もちろん面倒であるが、民主主義とはもともと面倒でコストのかかる手段なのだ。

 頼まれたから投票し、結果にだけ文句を言うおまかせ主義でなく、面倒だが、自ら考え判断し、結果に責任を感じる参画主義が求められる。ところが詳しく知ろうと思うと、本質を知る手段や機会が実に少ない。

 そこで東海日日新聞社では、もっとも身近な選挙である市議会議員選挙に合わせ、候補者がどんな思いで立候補しているのかを、統一フォームで見比べる事のできるウェブサイト「みんなの選挙」を、立候補者が確定した本日午後9時にオープンさせる。

 候補者各位への説明力が足らず、甚だ不十分な情報量ではあるが、候補者を知る情報源の1つとしてご活用いただければ幸いである。選挙準備で忙しいさなか、企画意図をご理解いただき、詳細な原稿を寄せていただいた方には、感謝申し上げる。「そんな事なら今からでも」と思われた方は、ぜひ追加の原稿を寄せていただきたい。

 ※みんなの選挙=http://www.tonichi.net/senkyo/

2015/04/19 のニュース

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.