自動車の軽量化に期待

高強度ステンレス鋼「ヘテロナノ」開発/単純な加工熱処理で製造可能/豊橋技科大・三浦教授ら

2015/06/28

 一般的な自動車鋼板の3~5倍の強度をもつステンレス鋼を、豊橋技術科学大学の三浦博己教授(機械工学系)らの研究グループが開発した。極めて単純なプロセスで加工でき、自動車ボディーを軽量化し、製造コストの削減や燃費向上などにつながることが期待さ...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2015/06/28 のニュース

ヘテロナノ構造高強度ステンレス鋼を開発した三浦博己教授

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.