国際ロボット展に初出展

関連企業誘致へ豊橋市PR/食べ物のおいしさ 暮らしやすさも紹介

2015/12/03

 国内外の最新ロボット技術が一堂に会し、東京都の東京ビッグサイトで2日に開幕した国際ロボット展(日本ロボット工業会、日刊工業新聞社主催)に、豊橋市が初めて出展した。ロボット関連企業の誘致に向け、売り込みを図る。

 隔年で開かれる同展には、関連メーカーやIT企業、商社などが参加。ロボット産業の将来性に着目する豊橋市も初出展し、研究開発関連企業が立地する分譲地や、内陸部に開発予定の産業用地をPR。豊橋技術科学大や第三セクター「サイエンス・クリエイト」など、産学官連携の技術開発や新事業展開に適した環境も宣伝した。食べ物がおいしいことなど暮らしやすさもアピールした。

 市のほか、豊橋からは三信建材、本多電子、三菱レイヨン、豊橋技科大なども個別にブースを設け、自社の技術や実際に開発したロボットを展示している。

 国際ロボット展は5日まで開かれる。

2015/12/03 のニュース

豊橋市のブース

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.