少子高齢化が浮き彫りに

低出生率と高死亡率/県の人口動態事象で東三河北部

2016/07/10

 愛知県は、2015年1月から1年間の出生・死亡・婚姻・離婚・死産の5つの人口動態事象について、その調査結果をまとめ公表した。東三河北部は、県内で最も出生率が低い一方で死亡率は県内で最高となり、少子高齢化の現状を浮き彫りにした。 県内の出生...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2016/07/10 のニュース

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.