えぇじゃん笑店「ぜひ来て」

18日に豊橋市制110周年記念事業/体験コーナーなど催し多彩に

2017/02/03

 豊橋市制110周年記念事業「えぇじゃん笑店~キミに伝える未来がある~」(いきものがたり工房・同実行委員会主催)が18日、豊橋市牛川町のizumoden豊橋で開催される。

 同イベントは、市制110周年記念事業の市民提案イベントの一つで、豊橋市共催。いきものがたり工房の岡田和子さんを中心に、箱秀神器製作所の富田委千弘社長、タスキの種田憲人代表取締役ら15人の実行委員が、提案したよりも大きなイベントにしようと昨年5月から、東三河広域連合、出雲殿、同市まちなか活性課の協力を得て準備を進めてきた。

 当日は、「匠」「企業」「クラフト」の3つのブースに、7つのフード店を含む70の出展者が並ぶ。デザイン書道家鈴木愛さんのパフォーマンス書道とトークショー、豊橋筆作りパフォーマンスのほか、組子作り、筆作り、ちくわ焼き、起震車などの体験コーナー、ドレスの試着・撮影、ディズニーランド入場券が当たる抽選会など、多彩な催しが計画されている。

 「匠の技や心を子どもたちを中心に多くの人に伝え、豊橋の活性化につなげたい」と話す岡田さん。「来場者の目標は2000人。ぜひご家族連れでお越しください」と来場を呼びかける。

 当日の開催時間は午前9時30分~午後3時まで。入場無料。雨天実施。

2017/02/03 のニュース

熱い思いで準備を進める実行委員の皆さん(豊橋市のイズモホール桜丘で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.