高レベルな作品ずらり

豊橋で日中友好児童生徒書初展/「酉」「国際親善」など展示

2017/02/03

 「第25回日中友好児童生徒書初展」(豊橋地区日本中国友好協会主催、東海日日新聞社など後援)は、豊橋市向山大池町の豊橋市民文化会館2階展示室で始まった。

 豊橋市と、同市と姉妹提携を結ぶ中国江蘇省南通市による日中友好発展事業。5日まで。

 豊橋市からは、岩西小学校と福岡小、本郷中学校、一般参加の豊城習字教室から選ばれた全257点を出品。南通市からは、3つの小学校から160作品が寄せられた。

 書き初めにふさわしい「酉」「希望」といった文字や、友好事業にふさわしい「国際親善」「友好」といった作品が並ぶほか、南通市の児童が書いた李白の漢詩など、大人顔負けの流麗な書も。同協会の伊賀太吉会長は「今回もレベルの高いすばらしい作品がそろった」と目を見はる。

5日午前10時から、優秀作品の表彰式が同会館リハーサル室で開催される。

2017/02/03 のニュース

力作ぞろいの書初展

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.