子どもも大人もみんなが笑顔

プリオや諏訪公園でイベ大盛況/豊川

2017/03/21

 多世代イベント「第2回こどもがわらうとせかいがわらう」(こどもといっしょにプロジェクト、豊川市開発ビル共催、豊川市、東海日日新聞社など後援)は20日、同市諏訪3のプリオと隣接する諏訪公園で開かれ、若い家族連れなどが大勢詰めかけた。

 プリオ市民プラザのメーンステージでは、子どもたちのファッションショーや講演会、リズム遊びなどが繰り広げられ、5階では多彩なワークショップを開催。さらに諏訪公園では様々な屋台や遊びのスペースがあり、来場者は屋内外合わせて110ブースのイベントを思い思いに楽しんでいた。

 3歳から7歳の子ども3人と来場した同市萩山町の主婦森山佳子さん(36)は、重曹やクエン酸を材料に使った発泡性入浴剤「バスボム」作りに挑戦。子どもたちは材料をビニールに入れ、振ったり押したりして丸く仕上げていった。森山さんは「子どもメーンのイベントで、気楽に楽しめた。参加費も高くなく、来てよかった」と笑顔で話した。

 主催の加藤典子代表(38)は「出店者もスタッフもお客さんも笑ってくれて、感動です」と喜びをかみしめていた。

2017/03/21 のニュース

ワークショップを楽しむ参加親子(プリオ市民プラザで)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.