新城東高校吹奏楽部定期演奏会開く

先輩から後輩へ思いつなぐ

2017/03/21

 新城東高校吹奏楽部の第41回定期演奏会~新たなメロディそして未来へ~が19日、新城文化会館大ホールで開催され、多くの市民が部員44人の演奏を楽しんだ。

 1、2部では吹奏楽曲の「マーチ・シャイニング・ロード」「呪文と踊り」の迫力ある演奏、「全力少年」「GUTS!!」などの楽しい曲が演奏された。3部は「ブラジル」「プロヴァンスの風」などの演奏を聴きながら世界を巡り、「未来
へ輝け新東サウンド」と題した4部では、事前に配られた青く光るペンライトを観客が振る中、「夏色」「粉雪」などが演奏され、最後に卒業式を終えた3年生14人が「未来予想図Ⅱ」をソロ演奏。会場から一段と大きな拍手が送られた。

 3年の川嶋千裕さんは「苦労もあったが、みんなで話し合い乗り越えることができました。この3年間は一生の宝物です」とあいさつした。

 2年の近藤美緒部長は「思うように演奏できた。楽しかった」と話し、顧問の太田雅春教諭は「これまで3年生がよくがんばり、そのおかげでここまでやってくることができた。そんな姿を胸にこれから後輩たちががんばってくれると思う」と、3年生への感謝と後輩部員への期待を語った。

2017/03/21 のニュース

多彩な演奏で観衆を魅了する部員たち(新城文化会館大ホールで)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.