障害持つ高齢者擬似体験

藤ノ花女子高/日常生活の困難さや介助の大切さ学ぶ

2017/06/07

 豊橋市老松町の藤ノ花女子高校(山崎宏人校長)は6日、「障害を持つ高齢者の擬似体験学習」を実施した。障害を持ち、身体機能が低下する高齢者の日常生活を体験し、その困難さを理解することで、介助の大切さを学んだ。(三浦ゆかり) 生活情報科3年の授...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2017/06/07 のニュース

擬似体験をする生徒ら(豊橋市老松町の藤ノ花女子高校で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.