新城の高齢女性傷害致死事件初公判

被告が起訴内容認める/公判の争点は量刑

2017/07/11

 2015年に新城市七郷一色に住む荻野サク子さん(当時71)に暴行を加えて死亡させたとして、傷害致死と死体遺棄などの罪に問われている、小久保裕弘被告(40)の裁判員裁判の初公判が10日、名古屋地裁岡崎支部(野村充裁判長)で開かれた。小久保被...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2017/07/11 のニュース

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.