愛知いのちの電話苦闘

介護や高齢化で相談員半減/無償の限界と社会の現実―対応や養成追いかず/解決策模索続く運営団体

2017/07/17

 24時間体制で悩みを電話で聞く「愛知いのちの電話」(名古屋市)の相談員が不足している。高齢や、家族の介護に対応するという理由で辞めてしまい、ピーク時の半数にまで減った。希望者も少なく、運営団体は解決策が見いだせずにいる。 愛知いのちの電話...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2017/07/17 のニュース

電話対応する相談員たち(名古屋市内で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.