もけ部活動ファイル 

「もけ部」通信 活動ファイル⑨

「豊橋筆とコラボレーション/もけ部豊橋筆ストラップが完成

2017/07/21

 豊橋のものづくりを応援するキャラクター、「豊橋工専高校模型部(通称=もけ部)」を展開する超音波機器企画販売のエコーテック(岩﨑義弘社長)は、このたび豊橋筆を製造する筆匠榊原(北村泰雄代表)とのコラボレーション商品として、「もけ部・筆ストラップ」を7月末から販売する。700円(税別)。

 もけ部を通じて、ものづくりの魅力を伝えたり、豊橋を全国に広めたいと考える同社では、「豊橋の伝統工芸である豊橋筆のPRができれば」と、同工房の榊原代表のもとを訪れ、もけ部とのコラボ商品の製作を持ちかけたところ、同代表が快諾し、今回の商品化が実現した。

 同商品は、ミニチュアサイズの筆ストラップに、もけ部のキャラクター(つむぎ、せり、まとい、いぶき)の4人の顔シールと、豊橋うどんを紹介したシールで構成されたシールシートが台紙として同封されており、筆ストラップに、自分の好きなキャラクターの顔シールを自由にはれるようになっている。

 初回製作分は100本。30日に幕張メッセで開かれる「ワンダーフェスティバル2017夏」(主催=同実行委員会)の同社ブースで販売を始める。当日は、同社のブースで人気の三角くじの賞品にもなる予定。同商品は、同社のネット通販や、全国の模型店でも販売予定で、初年度500本の販売をめざしている。

 「筆ストラップは、プラモデルのホコリを払ったりするのにも便利」と、同ストラップの新たな用途を提案する同社の三浦宏樹営業企画課長。「今後も、地元企業と協力してさまざまなコラボ商品を作っていきたい」と目を輝かす。

2017/07/21 のニュース

筆ストラップとシール

筆ストラップを手にする三浦さん㊨と榊原さん

有料会員募集

東三河インターシップフェア2017

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.