郷土の歴史を今に伝える

【視点】豊鉄田口線廃線50年―ダム湖に沈みゆく遺構

2017/07/24

 豊橋鉄道田口線の終着駅となる三河田口駅には、木材を運搬する森林鉄道との接続線があり、北側貨物と南側旅客のホーム、事務所などを併せ持つ最大規模の駅舎施設があった。廃線から約50年が経過した現在は、整地され面影を残すものはない。この場所は9年...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2017/07/24 のニュース

田口線を使って木材を運搬

硬い岩壁を掘り抜いた双瀬トンネルを通過する車両

長篠鉄橋を渡る田口線車両

戦前から残る貴重な人事規則の資料「運輸課報」

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.