世界の指揮者と中高生ら共演

ライフポートとよはしで第8回豊橋青少年オーケストラキャンプ

2017/07/30

 第8回豊橋青少年オーケストラキャンプ「マエストロと夢見る若者たちのコンサートVol・8」(同実行委員会主催)が29日、豊橋市神野ふ頭町のライフポートとよはしコンサートホールで開催された。豊橋市、豊橋市教育委員会、豊橋文化振興財団、豊橋市国際交流協会の共催。

約1000人の聴衆魅了

 東三河の青少年の演奏技術向上と、国際交流を目的として、毎年開かれている。世界的指揮者の浮ヶ谷孝夫さん、豊川市出身のヴァイオリニスト辻田薫りさん、独ブランデンブルグ国立管弦楽団フランクフルトと、一般募集した東三河の中学・高校生215人とが共演した。生徒らは26日から3日間、楽団員らの指導を受け、集大成としてコンサートで練習の成果を披露した。

 楽団員らが「ピアノ五重奏曲第2番」などの3曲を演奏した後、中高生を交えて「見よ勇者は帰る」(ヘンデル)、「弦楽のための交響曲第7番ニ短調第1楽章」(メンデルスゾーン)、「序奏とロンドカプリチオーソ」(サン・サーンス)などの4曲を演奏し、ホールを埋めた約1000人の聴衆を魅了した。

2017/07/30 のニュース

浮ヶ谷さんの指揮のもと演奏する中高生らと辻田さん(ライフポートとよはしで)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.