逃げ水 かげろうユラユラ

新城では35度/東三河各地で真夏日

2017/08/10

 東三河の各地で9日、最高気温が30度を超える真夏日となり、新城市では35・0度の猛暑日となった。豊橋市の市街地の路上では、熱せられた路面が水に映ったように揺らいで見える「逃げ水」が現れた。

 プールや公園の噴水では、涼を求めてはしゃぐ子どもたちの姿が見られた。気象庁によると午後2時15分に新城で35・0度を記録。田原市伊良湖で午後3時10分すぎに34度、蒲郡で午後2時20分すぎに33・8度まで上がった。

 10日の東海地方は引き続き高気圧に覆われ、高温が予想される。気象庁は熱中症の危険が高くなるとして、暑さを避けて水分をこまめに補給するなどの対策を呼びかけている。

2017/08/10 のニュース

車のタイヤが路面に反射して見える「逃げ水」(豊橋市・駅前大通で)

水遊びをする子どもたち(豊川市赤塚山公園ぎょぎょランドで)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.