笑顔で陸上部員にアドバイス

鈴木亜由子選手が豊川特別支援学校本宮校舎を訪問

2017/08/19

 英国ロンドンで開催された世界陸上競技選手権大会の女子1万㍍で、日本勢最高の10位となった豊橋市出身の鈴木亜由子選手(25)=日本郵政グループ=が地元に戻り、18日には豊川市一宮町の豊川特別支援学校本宮校舎を訪れ、陸上部の部員と一緒に走るなど交流した。

 鈴木選手は16日に帰国し、実家に戻って休養中。しかし疲れた様子は見せずに終始笑顔で、この日参加した部員20人とストレッチをしたりトラックを走ったりした。

 訪問は、同校が市を介して鈴木選手に依頼。「一緒に走って何か感じてもらい、私もエネルギーにして次に向かいたい」と引き受けた。東三河での指導は、母校の豊橋市八町小学校に次いで2校目。

 質問コーナーで「ライバルはいるか」と聞かれた鈴木選手は「一緒にレースに出る人には負けたくないが、最後は自分との闘い」ときっぱり答え、同部が9月に出場する愛ぴっく陸上競技大会について「結果が良くても悪くてもやりきったと思える、思い切った走りをして」とエールを送った。

 同部主将の菅野竜生(たつみ)さん(3年)は「日々の練習で自分に負けないようにがんばって、悔いのない結果を残したい」と誓った。

 終了後、鈴木選手は「明るく走る純粋な表情にパワーをもらえた」とにっこり。24日から北海道士別市のチーム合宿に合流し、次の駅伝に向けて再スタートを切る。

2017/08/19 のニュース

部員たちと走る鈴木選手(豊川特別支援学校本宮校舎で)

笑顔で質問に答える鈴木選手(同)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.