国府と成章が勝ち進む

秋季東三河地区高校野球/2次T/両校、県大会出場へあと1勝

2017/08/20

 来春の第90回選抜高校野球大会(センバツ)代表校推薦につながる秋季東三河地区高校野球大会2次トーナメント(T)は19日、蒲郡公園球場で1回戦2試合が行われ、国府と成章が勝利し県大会出場へ一歩近づいた。

 今大会は、1次リーグの各1位校が県大会出場。2、3位校が2次Tで残り3枠の県切符を争う。

 この日、第1試合では、国府が8点を奪って快勝。新城東の攻撃を1点に抑え県大会の出場権獲得へ残り1勝とした。

第2試合は、5回に連打で3点を挙げた成章が、粘る豊橋東に競り勝った。

結果は次の通り。

【蒲郡公園球場】
▽第1試合
国府
010030103-8
000001000-1
新城東
(国)山本龍―白井(新)小田桐、戸ケ里―緒河

▽第2試合
成章
010030000-4
000002000-2
豊橋東
(成)音渕―青木(豊)中西、高井―宮部

2017/08/20 のニュース

5回に3点を挙げた成章が豊橋東に競り勝った(蒲郡公園球場で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.