一夜限りの美 一斉に咲き競う

新城の河合さん宅/月下美人が開花

2017/08/21

 「一夜限りの花」を咲かせることで知られる「月下美人」が19日夜、新城市臼子の河合眞次さん(69)文代さん(68)宅で35輪の花を咲かせた。

 サボテン科の常緑多肉植物の月下美人は、メキシコの熱帯雨林地帯が原産地で、夜に開花し翌朝までにしぼんでしまう。

 河合さんは7年前に鉢を知り合いから譲り受け、植え替えをして現在7鉢を栽培している。花は夏のこの時期、数回同じ日に一斉に咲く。

 気候の影響か、この夏はこれまでほとんど咲かなかったが、この夜一斉に咲き始めた。庭には20センチほどの純白の大輪が放つ香水のような独特の香りが漂っていた。

 河合さんは「せっかくきれいに咲いても一晩だけなので、なかなか人に見てもらえない」と残念がる。

2017/08/21 のニュース

河合さんご夫妻と「月下美人」(新城市臼子の河合さん宅で)

一夜限りの花「月下美人」

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.