来場100万人を達成

穂の国とよはし芸術劇場プラット開館から約4年4カ月/記念セレモニー行う

2017/08/26

 豊橋駅南にある「穂の国とよはし芸術劇場プラット」の来場者が25日、開館から約4年4カ月で100万人を達成し、記念セレモニーが行われた。

 100万人目となったのは、豊川市中部小学校1年の林楓真君(7)。母親、兄、弟とピノキオのミュージカルを見に訪れた。2回目の来場で幸運をつかみ「うれしい」と話した。

 林君には、今年度中に同劇場で上演される舞台の中から好きな公演を選んで観覧できる家族分のチケットと、三河木綿の手ぬぐいなど同劇場オリジナルグッズが贈られた。

 セレモニーで佐原光一豊橋市長は、100万人達成に「5年はかかると思っていた」と明かし、予想より早い達成を喜んだ。舞台の制作側や来場客、同劇場関係者らの努力に感謝の気持ちを表し「この劇場を通じて芸術性の高い演劇や音楽を発信していきたい。200万人、1000万人に向かって頑張る」と決意を新たにした。

 同館は2013年4月30日、豊橋初の本格的な劇場としてオープン。豊橋文化振興財団が指定管理者を務めている。豊橋駅に直結した好立地に加え、本場の演劇やコンサート、伝統芸能などを鑑賞できるほか、市民が生涯学習に利用する場として親しまれ、市によると来館者数は右肩上がりに増えている。

2017/08/26 のニュース

佐原市長(左端)から100万人目の記念品を受け取った林楓真君(トヨッキーの隣)と家族=穂の国とよはし芸術劇場プラットで

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.