豊橋勢男女が全国で健闘

全中バレーボール選手権大会/大舞台でらしさ発揮

2017/08/27

 第47回全日本中学校バレーボール選手権大会は25日まで、宮崎県宮崎市総合体育館で開かれた。愛知代表の豊橋中部(男子)と東陽(女子)が全国各地から集まった強豪相手に健闘した。

 豊橋市から男女そろって全国大会に出場したのは、中学バレーでは40数年ぶりとなる。両校の選手たちの活躍は、地元が誇る快挙だった。

男子は、豊橋中部が予選で惜しくも敗れたものの、強豪と接戦を繰り広げた。

 予選、敗者復活戦ともにフルセットにもつれ込む大接戦を演じ、県代表の意地を見せつけた。

 女子では、東陽が予選をストレート勝ちで突破。決勝トーナメント1回戦は東京立正に25―21、25―13と快勝。2回戦で敗退したが、全国の大舞台で東陽らしい元気いっぱいのプレーを披露した。

2017/08/27 のニュース

東陽女子が全国の大舞台で活躍(提供)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.