夜空彩る勇壮な火柱

豊川手筒まつり/迫力と美に観客大歓声

2017/08/27

 豊川商工会議所創立70周年記念事業「第30回豊川手筒まつり」(豊川市民まつり協議会、豊川手筒まつり実行委主催)は26日夜、豊川市諏訪1の豊川市野球場で開かれ、豪快な手筒や鮮やかな打ち上げ花火が夜空を彩った。(森美香)

 まつりは、号砲を合図に若者たちが大筒を乗せた櫓(やぐら)を勇壮に担ぐ「大筒ねり込み」で華々しくスタート。続いてメーンとなる手筒煙火の放揚が次々に行われた。市内14連区による約400本の手筒花火は迫力満点。どっしり構えた揚げ手の抱える手筒から、明るい火柱が勢いよく噴き上がり、最後には衝撃音と共に手筒の底が破裂する「はね」が。観客席からは大きな歓声が上がった。

 また同所では4年ぶりの披露となった豊川進雄神社の綱火(県の無形民俗文化財)。観客たちは息をのんで見つめ、豊川商議所70周年記念の仕掛け花火や中国煙火、スターマインなど趣向を凝らした美しい花火が会場を染め上げる景色を楽しんだ。

 まつりの締めくくりは大スターマイン。夏の終わりを締めくくるように、夜空を輝かせた。

2017/08/27 のニュース

迫力の手筒煙火(豊川市野球場で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.