東栄町内の進捗など説明

三遠南信道の現場視察会/県境を越える交流や災害時の救急医療への期待も

2017/08/29

 来年度に開通する一般国道474号三遠南信自動車道の東栄IC~佐久間IC間現場視察会は28日、東栄町内の工事現場で行われ、報道陣や関係者らが建設中のトンネルやICなどを見て回った。

 奥三河から静岡県へと続く東栄IC~佐久間IC間の佐久間道路(延長6・9キロ)は、2008年度から建設工事に着手し、来年度開通予定となっている。

 視察会では、報道陣が国交省中部地方整備局浜松河川国道事務所の用意したバスに乗り込み、東栄ICを出発。昨年8月に貫通した佐久間第一トンネルの内部を見学し、静岡県側の浦川ICや佐久間IC、佐久間第二トンネルを視察した。

 移動中のバス内では、担当者が建設工事の概要や進捗(しんちょく)状況などを説明。まもなく開通を迎える同区間の整備効果、県境を越えた交流や災害対策、救急医療への期待を解説した。

2017/08/29 のニュース

開通に向けて着々と建設工事が進められる東栄IC(東栄町内で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.