三遠ネオ新メンバー入団発表

Bリーグ新シーズン

2017/09/01

 Bリーグの三遠ネオフェニックスは8月31日、豊橋市役所で新加入選手入団発表会見を開いた。藤田弘輝HCや選手たちが、それぞれ新シーズンへの意気込みを語った。

若い力とベテラン、2外国人が加入/高さと機動力に期待

 日本一奪還を掲げる今季の三遠は、主力として活躍が期待される川嶋勇人をはじめ、岩田涼太や比留木謙司の日本人選手、スコット・モリソンとカルティエ・マーティンの外国人2選手が加わる。

 会見では、藤田HCが各選手を紹介。「昨季の土台に新メンバーを加え、高身長と機動力を両立させて開幕から優勝を目指す。選手個々の力を結集して強豪に対抗し、2年目のBリーグを制す」と力強く意気込んだ。

 司令塔・鈴木達也との共存に注目が集まる川嶋は「ダンク以外なら何でもできる。内外の攻撃で勝利に貢献し、バスケで東三河を盛り上げたい」と話した。

 チーム最年少の岩田は「若い力を全面に出して三遠バスケを体現する。昨季までと違う試合を見せたい」と語った。

 6球団を渡り歩くベテランの比留木は「優勝を目指す力になってほしいと言われ入団を決意した。これまで培ってきた経験をチームメートに伝え、地域を盛り上げたい」とした。

 身長2メートル11センチでゴール下の活躍が見込まれるモリソンは「日本で4シーズン目を迎える。相手チームのビッグマンを抑え、守備で貢献したい」と話した。

 また、元NBA選手のマーティンは、得点源としてジョシュ・チルドレスの代わりが期待されている。今回は、米国南部を襲った大型ハリケーンの影響で来日が遅れ欠席した。

フェニックス選手ら表敬/佐原市長に意気込み

 男子プロバスケBリーグ開幕を1カ月後に控え、三遠ネオフェニックスの浜武恭生社長や藤田弘輝HC、新加入選手たちが8月31日、豊橋市役所の佐原光一市長を表敬訪問し、新シーズンに向けて意気込みを語った。

 昨季、Bリーグ初年度を中地区2位、チャンピオンシップ8強敗退で終えた三遠は、今季、新たに5人の新加入選手を迎え「継続と進化」をテーマに、3年ぶり日本一を目指す。

 bjリーグ時代から数え、プロ化10年目の節目に臨む浜武社長は「いよいよ始まるという期待感がある。地域とクラブが一体となり、新しい歴史を築いていきたい」と話した。

 佐原市長は「個性豊かな選手たちが集まり、見ていて楽しいチームになると期待している。愛知ダービーも増え市民の注目も高まる。たくさんの感動を届けてほしい」と述べ、昨季以上の上位進出へ期待を寄せた。

2017/09/01 のニュース

2年目のシーズンに挑む藤田弘輝HC㊥(豊橋市役所で)

新加入選手らが佐原市長に活躍を誓った(豊橋市役所で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.