優勝など大活躍 地元声援に感謝

全国高校定時制通信制体育大会出場/豊橋高選手が市長へ結果報告

2017/09/02

 関東地方で先月開かれた全国高校定時制通信制体育大会に出場した豊橋市立豊橋高校の選手らが8月31日夕、市役所に佐原光一市長を訪ね、結果を報告した。

 今大会では、杉山尚槻さんが陸上競技の男子400メートルと男子400メートルハードル、男子4×400メートルリレーでいずれも優勝し、優秀選手賞も受賞した。男子走り幅跳びの夏目充裕さんは8位入賞、女子走り高跳びの宮原桃那さんは7位入賞、ソフトテニス女子団体の島田未来さんと渡部郁香さんが3位に入り、柔道男子団体と個人で玉澤文太さんがベスト8に進出した。

 選手を代表して杉山さんがあいさつ。電光掲示板に「豊橋」の文字が表示されたとき「誇らしかった」と振り返り「市長をはじめ豊橋の人たちの声援に支えられたことに感謝します」と述べた。

 佐原市長は頑張った選手らをねぎらい、来年の全国大会に向け「今年以上の結果を出せるよう練習に励んでほしい」とエールを送った。

2017/09/02 のニュース

全国大会の出場結果を報告した豊橋高校の選手ら(豊橋市役所で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.