地元との交流推進へ笑顔で意欲

スイス・ヌシャテル若者議会元メンバー/デソルさんに国際交流員辞令交付/新城市

2017/09/02

 新城市国際交流員の辞令交付式は1日、同市役所で行われ、穂積亮次市長からスイス・ヌシャテル若者議会元メンバーのマリ・サンドラ・デソルさん(21)に辞令が手渡された。

 世界新城アライアンス会議開催を約1年後に控えた同市では、姉妹都市ヌシャテルから国際交流員を受け入れ、各分野で交流推進を図る。

 8月下旬に初来日したデソルさんは、1日から市役所企画政策課アライアンス会議準備室に勤務。英語や仏語など4カ国語を操り、若者議会連携や小中高への出前講座、通訳、翻訳などを行う。

 交付式では、穂積亮次市長が英語であいさつ。翻訳アプリを使い「両国の懸け橋となって活躍してほしい」と述べた。

 デソルさんは「地元の人々との交流を深め、スイスの魅力も広く伝えたい」と笑顔を見せた。

2017/09/02 のニュース

穂積市長がデソルさんに辞令を手渡した(新城市役所で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.