大舞台を振り返る

初出場の全国大会/東陽中女子バレー部

2017/09/06

 8月下旬に宮崎県で開かれた第47回全日本中学校バレーボール選手権大会でベスト16進出を果たした東陽中女子バレーボールの選手たちが、初出場の大舞台を振り返った。

 東陽女子は予選をストレート勝ち、決勝トーナメント1回戦でも東京立正に快勝したが、2回戦は惜しくも敗れた。

 主将を務めるエースの小川沙稀は「初めての全国大会で緊張したが、チーム一丸で初戦突破し良い経験を積めた」と大会を振り返った。

 副主将の森谷蓮は「毎日の厳しい練習をみんなで支え合い乗り越えてきた。このメンバーで全国に出場できたのがうれしい」と話した。

2017/09/06 のニュース

東陽中の選手たちが全中バレー16強を振り返った

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.