豊商3年酒井さん快挙

難関試験に最年少合格「データベーススペシャリスト」本社で喜び 小栗教頭「本校にとっても宝」

2017/09/07

 豊橋商業高校(白井由美子校長)情報処理科3年の酒井里緒さんが、今年度情報処理技術者試験の「データベーススペシャリスト試験」に見事合格した。東海日日新聞社を訪れ、喜びの報告をした。

 「データベーススペシャリスト試験」は、国家資格である情報処理技術者試験のうち「高度」とされる試験に含まれる難関で、年に1回実施。

 今回の合格率は現行試験制度になってから最も低い14・5%、現役高校生の合格者は全国でわずか9人だった。

 また、合格者の平均年齢は31・5歳。誕生日前の17歳で試験を受けた酒井さんは最年少合格者にもなった。

 「受けた時は難しくて、ダメかもと思ったけど、合格だと知り驚いた。もちろんうれしかった」と振り返る酒井さん。酒井さんが所属する情報処理部の岩田智史顧問は「とにかく難しい試験なので、受験するだけでもすごいことなのに、合格するなんて」と感心しきり。小栗俊朗教頭も「本校にとっても宝。学校が元気になる」と喜ぶ。

 酒井さんは、7月に開催した「全国高等学校IT・簿記選手権大会」FE部門・個人の部でも優勝を果たした。

2017/09/07 のニュース

合格証書を手にする酒井さん(東海日日新聞社で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.