夜山車曳き揃え

田原・はなとき通り一帯華やかに

2017/09/18

 城下町文化の粋を今に伝える「田原祭り」2日目の16日夜、華やかな夜山車(よやま)の曳(ひ)き揃えが田原市のはなとき通り一帯で開かれた。

 雨が降る中、大正組(新町)、雪輪組(本町)、明治組(萱町)、桜組(巴江)、衣組(衣笠)の夜山車と道囃子(みちばやし)が市街地を巡行。夜は明かりを灯(とも)した山車や道囃子が萱町交差点から、はなとき通りまでの間を埋め尽くし、多くの人でにぎわった。

 かつて芸者が乗って演奏や踊りを披露していた夜山車。最近は地方(じかた)が奏でる三味線や太鼓の音色とともに女の子が手踊りを披露。若者も踊り、夜の祭りを盛り上げた。台風の影響で、手筒大筒打ち上げ花火は18日に延期した。

2017/09/18 のニュース

新調した夜山車で手踊りを披露する女の子(田原・はなとき通りで)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.