「ライト・オン運動」呼びかけ

豊橋市下地校区自治会などが秋の交通安全運動実施

2017/09/23

 愛知県内で一斉に始まった「秋の交通安全運動」の一環として、22日午後4時から、豊橋市下地町の国道1号瀬上交差点で、「ライト・オン運動」が行われた。

 下地校区自治会など地域住民を中心に、県庁、市役所安全生活課、交通安全協会豊橋支部、豊橋署員など計80人が参加し、雨の中、のぼり旗やハンドプレートを揚げて「ライト点灯」を呼びかけた。

 豊橋署の白井隆是交通総務係長は、「早めの点灯は、ドライバーにとっても歩行者にとっても注意を促すために有効」と話し、「あいにくの雨だが、協力いただき、ともに交通安全を呼びかけよう」とあいさつした。同自治会による「ライト・オン運動」は、25日にも行う。

2017/09/23 のニュース

雨の中、ドライバーに早めの点灯を呼びかける(国道1号瀬上交差点で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.