蒲郡サーラが駅南土地区画整理事業地へ進出

2005/09/29

 サーラグループのガステックサービス(豊橋市白河町、神野吾郎社長)は28日、蒲郡市港町の蒲郡駅南土地区画整理事業地で、体験型ショールームなどが入居する総合ビル「蒲郡サーラ」の建設に着手した。同グループは中部ガスを中核とする企業集団。

 延べ床面積約1850平方メートルの鉄骨造り、一部鉄筋コンクリート2階建ての建設は、予想される住宅リフォーム需要の増大に対応するもので、住宅設備のショールームのほかクッキングスタジオ、カルチャースクールなどを備える。敷地面積は約2290平方メートル。

 また、同建物内に同社蒲郡営業所と「中部」蒲郡営業所を移設し、「リビングサーラ」蒲郡店を新設。グループ企業3社が同居する。完成は06年4月予定で、総投資額は約5億5000万円に上る。

 ショールームの展示スペースでは、ガラストップや床暖房などの戦略商品の体感スペース、ゆとりある生活空間の提案スペースやイベントスペースを設置。クッキングスタジオでは、未使用時にホームパーティー開催などで地域に開放する。

2005/09/29 のニュース

蒲郡サーラビルの完成予想図

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.