「生涯健康」きっかけに

旭メタルズで豊川市/いなりんと「健幸マイレージ事業」PR

2017/09/28

 豊川市は27日、同市穂ノ原の鋳造メーカー「旭メタルズ」(藤城理賀社長、社員約300人)で、自主的に健康づくりに取り組むことでポイントが貯(た)まり特典を受けられる県との協働事業「とよかわ健幸(けんこう)マイレージ事業」をPRした。昨年に引き続き2回目。

 お昼時に社員が集まった食堂で、市保健センターの職員が事業の特徴や特典などを説明。市の宣伝部長「いなりん」も登場してアピールした。食事の手を止めて、チラシに目をやる社員の姿も見られた。

 同社の健康保険組合は昨年10月から、社員の同事業参加を推奨する取り組みを開始したが、まだ参加者は少ない。それでも同社健康保険組合の鈴木宏事務長によると、運動習慣がある社員は少しずつだが増えているとし、「全体の1割くらいはこの事業に参加してもらい、会社を退職した後も生涯健康でいられるためのきっかけ作りになれば」と期待した。

 同社では市の特典のほかに、独自のプレゼントを用意。目標を達成したら500円分のクオカードももらえる。

2017/09/28 のニュース

PR活動とチラシを熱心に見る社員たち(旭メタルズで)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.