本番へレッスンに汗

来月15日開催/豊橋女声コーラス60周年記念講演会

2017/09/29

 豊橋女声コーラス(大内貴子代表)は、60周年記念演奏会を10月15日(日)午後2時から豊橋市神野ふ頭町のライフポートとよはしコンサートホールで開催する。「60年続く歴史あるコーラス団の歌声をぜひ聴きに来てください!」と、大内代表は来場を呼びかける。

 ステージは3部制。60周年の目玉には、ヴェルディ作曲の名作オペラ「椿姫」を日本語の抜粋で上演。ヴィオレッタにソプラノ歌手の田辺菜美子さん、アルフレードにテノール歌手の吉村純さん、ジェルモンをバリトン歌手の李宋潤さんを迎えて、男声合唱団「ふんけんクラブ」が友情出演するなど豪華な顔ぶれがそろう。公募した8人もワンステージメンバーとして登場する。

 そのほか、1部では、「女声合唱のためのヒットメドレー・LOVE」より、歌謡曲をメドレーで、2部は、星野富弘氏の詩画集「鐘の鳴る道」より、女声合唱組曲を届ける。

 指揮とソプラノ、そしてオペラ「椿姫」の演出を担当する田辺菜美子さんは「2年もの時間をかけて準備をしてきた。女性の目線から、きれいなステージをつくり上げたい」と思いを語る。

 入場料は1000円。全自由席。チケットは、ライフポートとよはしおよび、穂の国とよはし芸術劇場内の豊橋文化振興財団事務局で取り扱っている。

問い合わせは、大内さん携帯
=090(7866)2330=へ。

2017/09/29 のニュース

演奏会へ向けてレッスンをする豊橋女声コーラスの皆さん

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.