県鳥、市鳥の「コノハズク」絶滅危機

今春7年ぶり「ブッポーソー」の鳴き声確認も、推定で20~30羽まで減少

2017/09/30

 愛知県、新城市を象徴する鳥「コノハズク」が、地元からその姿を消そうとしている。県内唯一の繁殖地とされる鳳来寺山では、今春の現地調査で約7年ぶりに鳴き声を確認できたが、個体数は推定20~30羽まで減少を続けている。近い将来、地域のシンボルと...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2017/09/30 のニュース

愛知県絶滅危惧1A類となったコノハズク

有料会員募集

東日旗】第71回豊橋少年軟式野球選手権大会」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.