桜丘 東海大会切符逃す

第70回県高校野球選手権・最終日/3位決定戦/中京大中京に惜敗

2017/10/02

 来春のセンバツ代表校推薦につながる第70回県高校野球選手権大会最終日(県高校野球連盟主催)は1日、岡崎市民球場で、3位決定戦と決勝の計2試合を行った。東三河関連で唯一4強入りし3位決定戦に進んだ桜丘は、中京大中京に2―3で惜敗。残り1つの秋季東海大会出場権を逃した。

力投の濱田 4回以降無失点に抑える

 桜丘は、初回に1点を先制して勢いをつけるも、2回に連打で2点許し劣勢に。2点を追う3回には安打や犠打などを決めて1点を返すが、それ以降、得点圏に走者を進めるもあとが続かなかった。先発のエース濱田康太は打たせて取る投球で、4回以降無失点に抑えた。

 杉澤哲監督は「チャンスに打てなかった。打撃の強化が必要」と課題を語った。

 小柳津裕太主将は「勝ちきれないのは、勝つ意識が足りない」とチームを分析。来夏に向けて、技術面や精神面の底上げを誓った。

 決勝は、東邦が9―1で愛産大三河を倒し、2年ぶり15度目の優勝を決めた。

 東邦と愛産大三河、中京大中京は、秋季東海大会(21日~、岡崎市民球場ほか)に臨む。

県大会最終日の結果は次の通り。

【岡崎市民球場】
▼3位決定戦
中京大中京
021000000-3
101000000-2
桜丘
(中)浦野―関岡(桜)濱田―小柳津

▼決勝
東邦
1111104-9
0000010-1
愛産大三河
(東)西―反頭(愛)上田、宮下―櫻井
 ※7回コールドゲーム

2017/10/02 のニュース

【中京大中京×桜丘】力投する桜丘の濱田康太(岡崎市民球場で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.