地元グルメやイベント楽しむ

豊川市小坂井地区で「葵まつり」

2017/10/09

 豊川市小坂井地区の「葵まつり」(小坂井商工会など主催、東海日日新聞社など後援)は8日、同市小坂井支所周辺で開かれた。「みんなよっといで!」の呼びかけのもと、さまざまな出し物や、地元グルメを楽しむ人たちでにぎわった。

会場に家族連れいっぱい

 会場では、農産物販売や、チャリティバザー、もの作りコーナーなど、約50のブースが並んだ。飲食では、東栄、設楽、豊根からも参加があり、特産品などのブースを出展。演奏・演舞コーナーでは、音羽華炎と美園地区よさこいソーランが初の参加。恒例の、同地区6保育園の園児による元気体操では、子どもや孫を応援する家族らが集まり、会場いっぱいの人出となった。

 小坂井商工会の大場昌克会長は、「住民主体で開催するようになり、今の形が定着してきた。地域の人たちに喜んでもらえるよう、今後も工夫していきたい」と話した。

2017/10/09 のニュース

大勢の人でにぎわう会場(豊川市小坂井支所周辺で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.