MEGAドンキきょうオープン

イトーヨーカドー跡地に東三河へグループ初店舗/プレオープン大盛況/商品約10万点―品質などこだわりの食品も充実

2017/10/13

 ドン・キホーテグループの長﨑屋(本社=東京都目黒区、大橋展晴社長)は13日午前9時、豊橋市藤沢町のイトーヨーカドー跡地に、ファミリー型総合ディスカウントストア「MEGAドン・キホーテ豊橋店」をオープンする。

 東三河エリア(豊橋・豊川・蒲郡・新城・田原市、北設楽郡)で、グループ初の店舗。2階建て、国内最大の約1万平方㍍の売り場に、生鮮品などの食品、衣料品、家電など約10万点の商品を扱う。

 12日のプレオープンには、近隣住宅6000軒に招待状を配布。その他、口コミなどで知った客で開店前から行列ができ、約1800台収容可能な駐車場も混雑した。

 同店は、地域最安値を目指すとともに、豊川市産など地場野菜をそろえた「ぼっくう市場」など、品質・鮮度にこだわった生鮮4品(青果・鮮魚・精肉・惣菜)をはじめとする食品を充実させた。

子ども向けの遊び場や休憩スペース設置

 店内は、カートやベビーカーでも買い回りやすいように通路を広くし、子ども向けの遊び場や休憩スペースも設置。ご当地グルメフェアの開催や玩具・家電などの商品体験コーナーも設けた。

 グループがプロデュースするショップインショップ「LOSS&HONEY」では、国内外の有名ブランドの訳あり商品を、アウトレット価格で提供する。

 長﨑屋は、2007年にドン・キホーテの連結子会社となって以来、既存店の多くを「MEGAドン・キホーテ」に業態転換。他店総合スーパー跡地にも新規出店を図っている。

 一瀬皓司店長は「地域最安値価格の商品を取り揃えていき、皆様に愛される店舗を目指していきたい」と話した。

 招待状を受け取った31歳の女性は「以前訪れた岡崎店や新安城店より、広々として見やすいと思う。1カ所でいろいろな物が買えるのは、小さな子持ちにはありがたい」と笑顔を見せた。

2017/10/13 のニュース

MEGAドン・キホーテ豊橋店外観(豊橋市藤沢町で)

マスコットキャラクター「ドンペン」の下に「驚安コーナー」(同)

「ぼっくう市場」(同)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.