多彩な催しで身を守る知識学ぶ

豊川で交通安全・防犯フェア盛況

2017/10/16

 遊びながら交通安全と防犯意識を身に付ける「交通安全・防犯フェア」(豊川市主催・豊川署、安協豊川支部、豊川防犯協会連合会共催)は14日、同市諏訪のプリオで開かれ、大勢の親子連れが詰めかけた。

 様々なコーナーがあり、地元企業なども協賛。子供たちは運転免許証の作成や、シミュレーター体験、防犯わなげ、白バイでの記念撮影などを楽しみながら、交通事故や犯罪から身を守る知識などを学んだ。

 市の担当者によると、昨年度の同フェアの来場者は約1500人。この日も朝から大混雑で、市の担当者は「年々関心が高まってきている」と喜んだ。

2017/10/16 のニュース

白バイの乗車体験に列を作る来場者たち(プリオで)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.