横山氏が3選果たす

設楽町長選/夏目氏は及ばす

2017/10/16

 任期満了に伴う設楽町長選挙は15日午後9時から開票作業が行われ、横山光明氏(67)=無・現=が2105票を獲得し、前町議の夏目忠昭氏(73)=無・新=を抑えて3選を果たした。

 同町田口にある横山陣営の選挙事務所には、数多くの支持者が詰めかけ、開票所からの情報で開票状況を見守った。

 当選確実の報がもたらされると、事務所内外では拍手と歓声が上がり、関係者は安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 横山氏は、県議や町議、同町内の各団体から手堅い支援を取り付け、組織的な選挙戦を展開した。設楽ダム建設に伴う周辺地域整備や観光振興、2期8年の実績により町民から多くの支持を集めた。

 結果を受け、横山氏は「重責を担うことができる。町民の期待を受け止め、信念を持って着実に政策を実現し、地元の人々の気持ちに応えたい」と述べた。

投票率は74.29%/町議補選が加藤氏

 また、町議会議員補欠選挙では、元設楽中学校長の加藤弘文氏(62)が2156票で当選した。

 当日有権者数は、4441人(男2145人、女2296人)で最終投票率は74・29%だった。

設楽町長選開票結果(15日21時40分結了)

◆設楽町長選挙
当 横山光明氏2105票
  夏目忠昭氏1094票

設楽町議補選開票結果(15日22時)

◆設楽町議補選
当 加藤弘文氏2156票
  中澤結香氏1041票

2017/10/16 のニュース

3選を喜ぶ横山光明氏(設楽町田口で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.