来月3日「アマレット」誕生

豊川稲荷門前に新スタイルの写真館/完全予約制―おしゃべりやお茶など楽しみながら/「まちと人を元気に」弓塲さん意気込み

2017/10/20

 豊川稲荷門前通りに11月3日、「観光目的でない若い世代の人たちも訪れる門前」を目指して新しいスタイルの写真館がオープンする。

 フォトスタジオ「アマレット」を開くのは豊川市在住の写真家、弓塲真梨さん(35)とコーディネーターの片山里美さん(37)。

 撮影は完全予約制。1組につき約2時間かけ、おしゃべりをしたりお茶を飲んだり、リラックスした時間の中で行われる。撮影終了時、写真は75カットに収めてデータとしてお客さんに渡すという新しいスタイルだ。広々とした店内は、他の集いなどでも利用を考えている。

 弓塲さんは岐阜出身で、名古屋市内の大手スタジオ店長などを経て2012年に独立。スタジオを構えず出張スタイルで、これまで6000組の温かい家族写真などを撮影。迎え入れる場所「写真館」の必要性を感じたことから大好きな門前を場所に選び、明治以前に建てられた蔵と民家を借りた。アットホームな空間にしたいと、内装を自分たちで改造。ホームセンターで購入した材料で友人や元同僚も協力した作業を8月から続けた。

 弓塲さんは「地域に溶け込んで、写真でまちと人を元気にしたい」と意気込む。撮影予約は20日に開始。アマレット=電話090(8474)8134=へ。

2017/10/20 のニュース

笑顔で改装作業をする弓塲さん㊨たち(フォトスタジオ「アマレット」で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.