全日本空手道選手権で準V

豊川市内の選手ら山脇市長に報告/「次は優勝」と意欲燃やす

2017/10/20

 空手の全国大会で好成績を収めた豊川市在住の児童生徒が19日、豊川市役所を訪問し、山脇実市長に報告した。

 訪れたのは、9月に大阪市で開かれた「第36回全日本空手道選手権大会」でいずれも準優勝に輝いた、空手道場「正道会館 健明館」(河邉健司館長)所属で、全日本ジュニア中学女子重量級の部に出場した植村千尋さん(小坂井中3)と、同小学3年生男子の部の青山銀路君(平尾小)、ジュニアチャレンジファイト小学1年女子の部の石黒莉央早(りおさ)さん(豊川小)の3人。

 山脇市長は「みんな準優勝とはすばらしい」と讃(たた)え、今後の目標について植村さんは「今までで最高の賞だが、次は優勝できるように1回1回の練習を大切にしたい」と話し、初の決勝進出を果たした青山君も「次の全日本では優勝する」と決意。また同大会に初出場した石黒さんは「次は勝ちたい」と意欲を燃やした。

2017/10/20 のニュース

左から青山君、山脇市長、石黒さん、植村さん、河邉館長(豊川市役所で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.