民生児童委員制度発足100周年

『百日紅の苗』記念植樹/田原

2017/10/26

 田原市内で高齢者の見守りや子どもへの声かけなど地域づくりの活動を行う民生委員制度の創設100周年を記念する植樹祭が24日、田原福祉センターで開かれた。

 田原市民生児童委員協議会の会員らは、百日紅の苗木を同センター敷地内に植え、今後も地域のために力を尽くしていくとの思いを新たにした。

 同協議会の会員は「最近はアパートなど住宅に入りにくくなったが、孤独死を防ぐためにも高齢の夫婦など民生委員がみていかないといけない」と話す。

 同協議会の神谷明会長は「高齢者の支援や子どもの成長を推進するための活動を今後も頑張っていきたい」と話した。

2017/10/26 のニュース

植樹する会員ら(田原福祉センターで=提供)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.